深刻な双極性障害なら必ず対処しよう|放置しないでしっかり治療

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつと躁を繰り返す障害

ナース

双極性障害は躁状態とうつ状態を繰り返す病気で、うつ病と間違われやすいという特徴があります。治療には気分安定薬と抗うつ薬や抗精神病薬などを組み合わせて用います。再発しやすいので長期間の治療と予防が必要です。

どんな症状が現れるものか

頭を抱える男性

うつ状態(気分が落ち込んだり、やる気が起こらない、睡眠障害など)と躁状態(気分が高揚し、眠らなくても平気、怒りっぽい)との2つの状態が繰り返し起こる慢性の病気を双極性障害と呼びます。周囲のサポートにより、再発防止や病気への理解も深まります。悪化してしまうので自己判断で通院や薬を止めるのは危険です。

症状を上手にコントロール

カウンセリング

双極性障害の診断には、双極性障害専門医がいる病院への受診が良さそうです。どこの病院に行けば専門医の医師の受診が受けられるのか分からない場合は、ネットの双極性障害専門医病院リストをご覧になってみると良さそうです。自分の適切な治療が受けられる病院を見つけて下さい。

気分の乱れる病気

女医

双極性障害は躁鬱病と呼ばれていた病気で、気分が高揚する躁状態と気分が落ち込む鬱状態が交互にやってくるものです。双極性障害といっても、その症状は様々ですが、極端な気分の高揚と落ち込みが現れることで社会的な生活を営むのが困難になる可能性がある病気となっています。

気分の波が激しい症状

ドクター

うつ病と勘違いしやすい

双極性障害は気分障害という枠に当てはまり、躁状態とうつ状態を繰り返す症状です。同じようにうつ病も気分障害と扱われますが、症状は大きく異なってきます。うつ病は躁状態になることはなく、うつ状態が続きます。気分に目立った波がないのが分かりやすい特徴となるのですが、実は双極性障害と間違われやすいところもあるのです。双極性障害になるきっかけが、最初はうつ病を繰り返したのちに発症してしまう人が多いです。一時的にも躁状態となることから、病気が治ったと勘違いしてしまうこともあります。また、双極性障害であるのにずっとうつ病だと思い込んでいる人や、誤診されてしまう場合もありえます。躁状態が4日以上続いて再びうつ状態になった経験のある人は、双極性障害の可能性が考えられます。一般的に、気分屋と言われるような性格とは比べ物にならないぐらいの激しい気分の差がある状態が双極性障害です。思い当たる症状がある場合は、専門の治療を受ける必要があります。具体的な症状を診察時に報告していき、正しい診断と症状に合った治療を受けていかなければいけません。うつ状態が続きながらも、ときおり急に気分が高揚してきたり、積極的な行動や多弁が見られる場合は要注意です。

特徴的な症状と治療法

双極性障害は、100人に1人が発症するというデータがあります。うつ病患者と比べて割合的には少なくなりますが、決して珍しくはありません。欧米では日本と比べて患者数は多くなり、治療や研究も盛んに行われています。双極性障害には、気分の波が極端に激しいタイプと、軽い躁状態とうつ状態を繰り返すタイプにわかれます。よく見られる症状には、人格が変わったかのように明るくなり、不眠が目立ったり、快楽を追求するようになります。突然ギャンブルにはまったり、他人との衝突や大きな買い物で多額の借金を抱えてしまう人もいるのです。こういった躁状態から一転してうつ状態となってしまうため、周りを振り回してしまう可能性も考えられます。双極性障害になる原因は、何らかの精神的なストレスに弱い体質の人が発症しやすいと見られています。治療としては、気分の波を少しでも抑えていくことが目的となります。再発しやすい病気でもあるので、治療とは上手に付き合っていかなければいけません。治療で行われる内容とは、薬物療法と心理療法です。薬物療法では、抗精神病薬や気分安定薬が用いられます。そして心理療法では、双極性障害の正しい知識や、良好な対人関係や規則正しい生活の指導などが行われます。このような流れから、辛い状態から徐々に解放されてくるようになるでしょう。