深刻な双極性障害なら必ず対処しよう|放置しないでしっかり治療

このエントリーをはてなブックマークに追加

気分の乱れる病気

女医

気分の乱れる病気とは

気分が乱れる病気はいくつかあります。気分が極端に落ち込む場合には鬱の状態とされ、気分が極端に高揚する状態を躁状態と呼ばれます。どちらか一方に進むだけの場合もありますが、両方の症状が現れた場合には双極性障害とされます。双極性障害は、気分が落ち込む鬱状態と気分が高揚する躁状態が交互にやってくるもので、原因もまだはっきりと解明されていません。また躁状態も軽いものと重たいものがあり躁状態でも単に調子が良いといったものやその時だけ攻撃性が増すといったものなど様々です。また双極性障害では、必ずしも鬱状態と躁状態がくっきりと分かれているわけではなく鬱状態でも躁状態でもない時もあります。軽度のものであれば、単なる気分が乱れているといった状態で済みますが、重症化すると社会生活を営む上で重要なコミュニケーション能力に問題が発生したり、また摂食障害や不安障害、アルコール依存症などを合併しやすくなります。さらに双極性障害の特徴としては、症状を発症した人の自殺企図率や再発率が高いといったことがあります。これは躁鬱の切り替わるタイミングで、どちらにも考えが行けなくなり、自己破滅的な行動を起こしやすくなるためです。

治療方法

双極性障害の治療は、他の精神系の病気と同様に薬物治療と心理社会的治療の2つを柱として行われます。薬物治療では気分を安定させる薬が使われます。軽度であれば気分安定薬が使われ、躁鬱の状態を予防します。重度の躁鬱状態という場合にはより、効果の高い抗精神病薬を使って症状をコントロールします。また場合によっては、気分安定薬と抗精神病薬の両方を処方するケースもありますが、いずれにしても極端な気分の乱れを薬の力を使って抑えることが行われます。一方で薬の力でコントロールする状態では薬に頼る状態であり、根本的な治療にはならないことも多く、心理社会的治療を通じて、病気を受け入れるといった教育的な治療が行われます。心理教育では、双極性障害に関する正しい知識を身につけ、自身でコントロールできるようにします。また周囲の支えも重要であり、周辺の人のサポートを受けられるように教育する療法もあります。このほか、鬱状態では考え方が否定的になるので、肯定的に捉える練習をする認知療法や、日頃の社会生活のリズムの乱れを改善する対人関係・社会リズム療法などがあります。特に双極性障害になると気分が乱れることで日頃の生活も乱れがちになるため、日常生活の乱れを改善することで、症状を緩和させることができます。