深刻な双極性障害なら必ず対処しよう|放置しないでしっかり治療

このエントリーをはてなブックマークに追加

症状を上手にコントロール

カウンセリング

専門医のいる病院リスト

眠れなくなって気分がおちこんだり、やる気がなくなるなどの症状が長く続いて、病院を受診した方の中には、うつ病と診断された方もいらっしゃるかもしれません。ただ、うつ病と診断された方が後になって双極性障害だったのが分かったという方も少くないようです。うつ病と双極性障害の何が違うのかが気になるかもしれません。うつ病は気分が落ち込んだり、眠れなくなるのに対して、双極性障害はその時期の後に気分が高まって何でもできるような気になったり、眠らなくても元気、怒りっぽくなったり急におしゃべりになるなどの操状態を発症します。ここで大事なのは、うつ病と双極性障害は、効果のある治療薬が異なることです。双極性障害なら、それに合う薬の服用が大切です。なので、双極性障害の治療実績の多い専門医のいる病院を受診したほうが良さそうです。ネットには、双極性障害専門医のいる全国の病院リストもあります。そのような専門医が人気の理由は、精神科の医師でもうつ病と双極性障害の判断がつきにくい場合が多くあるからです。双極性障害は、早期治療が再発予防につながる病気ですので、適切な治療の受けられる病院をネットを利用して探してみると良さそうです。

再発の前触れに注意

また双極性障害はタイプが2つあり、うつの症状が軽いタイプもありますが、自分の精神のコントロールをしにくい場合もあり、再発しやすく注意が必要です。軽い症状の為に、自分や家族などが気がつかないことで、治療が遅れることもあるので、注意が必要です。気づかずに治療が遅れると、再発を何度も繰り返す病気ですので、特に仕事をしている方では社会的なダメージを受けてしまうこともあるからです。突発的にひどいことを言ってしまうのは病気のせいだと周りが理解しているのと、そうでないのとでは対応も変わってきます。また、早期治療が行われないリスクとして、何度も再発しているうちに再発までの期間が短くなってしまうことです。気分が良い時が少くなるので、食欲もなくなったり死にたいと感じるような状態になってしまうこともあるようです。このような状態になる前に、薬で症状をコントロールして再発を予防することが大切です。また、双極性障害の方は再発する前触れのような言動や行動が決まっている方もいらっしゃるようです。その前触れに気がついて早めに専門医を受診するのが、再発をさせないポイントになりそうです。そして、薬物療法を受けながら毎日の規則正しい生活で症状をコントロールできると良さそうです。