深刻な双極性障害なら必ず対処しよう|放置しないでしっかり治療

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな症状が現れるものか

頭を抱える男性

一種の精神疾患

双極性障害とは、躁状態とうつ状態の2つの状態が繰り返し現れる慢性の病気です。躁状態とは気分が高揚し、興奮したり、怒りっぽくなったり、自分が偉くなったような気がしたり、ほとんど眠らなくても平気で、1つのことに集中できないといった状態になります。うつ状態とは睡眠障害、何もやる気が起きない、何事にも興味がなくなり、気分が塞ぎがちになるなどで、この2つの状態を繰り返しているのが双極性障害と呼ばれるものです。以前は躁うつ病と呼ばれていました。躁状態の場合あまり本人には自覚がないことが多いので、まずは本人が病気を受け入れることがポイントです。再発する病気でもありますので、自己判断は危険です。信頼できる医師を見つけることが大切です。明確な原因はわかってはいませんが、遺伝や環境的な要素が関係しているともいわれています。双極性障害は躁状態のときには普段からは考えられないような行動やトラブルを引き起こしてしまい、仕事や家庭に大きなダメージを与えてしまうことがあります。また、症状によっては自殺願望も高くなってしまうので、早目の専門医への受診が重要です。また、周囲のサポートの本人にとっては大きな助けになります。躁状態のときには気分が大きくなっているので、酷いことを言ってしまったり、態度が悪くなったりしてしまいます。躁状態の前兆が見られた場合には、早目に医療機関などに行くなどの工夫を家族と相談しておけば、再発を防ぐことにも役立つのでお互いに病気への理解をすることで、本人へのサポートにも繋がります。

治療時に大切なこと

双極性障害は、うつ病から始まる場合が多くあります。うつ病を繰り返したのち突然、躁状態が現れ双極性障害だったということがあります。この場合、うつ病のみの治療を行っていると、躁状態のときにうつ病を改善する薬を服用してしまうことになり、症状が悪化してしまいます。その時の症状や状態に合った治療法がとても大切になってきます。再発しやすい病気のため、治療は長期間に及びますが、決して自己判断で治療や通院を止めないようにしましょう。双極性障害に効果的なのはまず、生活のリズムを整えることです。精神療法と薬物療法の両方を平行して行っていく場合が多いです。薬物療法の他には、自分の行動を認知させる認知行動療法や、心理教育などにより、より治療に効果がでる本人に合った方法で治療を行っていきます。また、最近の研究によって、健康な人の脳とうつ病や双極性障害を患ってしまう人の脳には一部違いがあることがMRIでわかってきたようです。これで、MRIで検査をすれば、うつ病か双極性障害なのかわかる可能性が出てきたといえるのではないでしょうか。本当は双極性障害であっても、間違ってうつ病と診断され、うつ病のみの治療を受けていれば症状が悪化してしまう、ということが少しでも避けることができるようになるかもしれません。